自動車リサイクル

End of Life Vehicle(使用済自動車)

当事業部では資源循環型社会の構築に向け自動車リサイクル法に従い使用済自動車を適正に処理することと共に、将来発生する次世代自動車のリサイクル率向上を視野に入れ自動車メーカー様との再資源化に向けた取組み等を行っております。

そして静脈産業において新たな価値の創造と持続的な発展を目指します。

自動車リサイクルの流れ

当社では、自動車リサイクル法で定められた引取業、フロン回収業、解体業、破砕業のすべての登録・許可を取得しております。使用済み自動車の処理を安心しておまかせいただけるのはもちろんのこと、一貫したスピーディーな処理により、自動車解体処理完了後の自動車重量税の還付もスムーズに行っていただけます。

廃自動車のお持込歓迎いたします。
また引き取りにも対応いたしますので、お問い合わせください。

ELV処理工程

ELV事業部の解体から販売までの処理工程についての詳細はこちらをご覧ください。クリックすると画像が拡大します。

PDFのダウンロードはこちら

自動車リサイクル法について

2005年1月1日に自動車リサイクル法(正式名称は「使用済自動車の再資源化等に関する法律」)が施行されました。

自動車リサイクル法では、自動車メーカーがリサイクルの責任を果たすこととなり、リサイクルに必要となる費用については、自動車ユーザーの皆様に御負担いただくことになっています。法律制定の目的は、フロン類・エアバッグ類・シュレッダーダストの適正処理とリサイクル、最終埋立て処分量の低減、不法投棄車両の撤去など私達の生活環境の改善に繋がります。また、自動車の長期使用や中古部品の活用、環境配慮設計の自動車選択などの取組が進むことにより、資源循環型社会が構築されます。そして将来にわたりリサイクル率を高め、最終的にはその率を95%としていくことが定められています。

法律の詳細、取扱メーカーや料金など「自動車リサイクル」の詳細については下記ホームページをご覧ください。

財団法人自動車リサイクル促進センター

http://www.jarc.or.jp/

PAGE TOP